2017年08月02日

展覧会で気に入った作品を、もう一度見たい、
と言う友人に、作家の家まで一緒について行った。

定年後、
趣味が高じて工芸品を作るようになったその男性は
小柄な痩せた人だった。
駅まで迎えにきてくれ、
問わず語りに男性は自分の事を語った。

「数年前に妻が亡くなり、
でも妻の母親と伯母が一緒に住んでいるので、
帰っても家に誰も居ない、
ということはないんです」

私は車の後で(私は誰もおらんけどな、、)
と黙って聞いていた。
家に帰って誰かいる、ということが
自己紹介の始めに入る事項であることに
少なからず落ち込んだ。

男性の自宅は築年数のたった一軒家だった。
さほど手入れのされていない庭には
日よけ蓋のついたメダカの鉢があり、
ひょろひょろと伸びたミニトマトには2つ3つ実がなっていた。

2階にある踊り場には小さな炊事場が備えつけられ、
非常用持ち出し袋が隅に置いてある。
招かれた一室で男性は丁寧に冷たいお茶をいれてくれた。

4畳半ばかりのその部屋に飾られた沢山の写真、
それらはほとんどが亡き奥さんとの写真だった。
まだ若くふっくらとした夫妻の写真、
旅先で買ってきた土産の数々。

工芸品を買うべくやってきた友人と品定めをしながらも、
部屋に漂う奥さんの気配に呼吸が浅くなり汗が出た。

聞けば男性も数年前に癌になり入院していたという。
もう助からないと思い、妻のところに行くのだ、
と覚悟していたら意外にも快方に向かったそうだ。

「妻と自分の干支の置物なんです」
仏師が彫ったという未と午の木彫りを見た時、
この男性が私の夫と同い年であることを知った。

夫と違い、生き延びた目の前の男性を、
しかしこの人の時間は止まっている、と思う。
男性はこの部屋で日々奥さんと話しているのだろうか。

最後まで一緒に住んでいるという義母の気配は無く
エアコンの作動音だけがその存在を感じさせるものだった。

「世の中には色んな人がいるなあ!
 今日はすごい人に会ったなあ!
 (夫婦そろって癌になるなんて)」
とあっけらかんと感嘆する友人に
「世の中にはもっといろんな人がいるよ。
 すごくまっとうな人だったやん」

そう返しながら、
自分の声を遠く感じた。

posted by えるか at 00:09| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

恐怖の一日

早朝、猫が吐く音に飛び起きた。
(またカーペットの上か?)
寝ぼけまなこのままリビングに行くと、
吐いていたのはハナだった。

ハナは申し訳なさそうにうつむいていた。
その視線の先には、この間から失くして困っていた
チェロのエンドピンのキャップが転がっていた。

あ、こんなところにあったんだ、、
と拾おうとした途端、
エンドピンキャップはスルスルとこちらに動いた。
(えっ?!!)

ゴキ○○だった。

○○と言えばウンコは書けてもこれだけは書きたくない、
私が世界中で一番恐ろしい生きものである。
小学生のころ反撃にあい、ぶ〜んと飛んできて胸にとまられて以来、
これほど怖いものは無いのである。
ムカデだって退治した私なのだ。(こちらです『ムカデ』)
部屋にワニが出たってこれほど怖くはないのだ。

遭遇したのは何年振りだろう。
ユウ猫がベランダに出るので網戸を引っ掛かれるのが嫌で、
最近は無精して窓を少し開けっぱなしにしていたのである。
災難は忘れた頃にやってくる。

以前ムカデが出たことに懲りてムカデ撃退のスプレーは買ってあるのだ。
フィルムを破ってチラリと読むと、『野外専用』と書いてある!
屋内だがこのさい贅沢は言っておられない。
えい、とスプレーするも○○はひるむ様子がない。

仕方がないのでベランダに転がっている、
十数年前に買ってもう錆びている「水性殺虫剤」という
力のなさそうなものをスプレーすると
少しは効いたのか○○は体を震わせながら
風呂場に入っていった。

そこで私は風呂場のドアをバシリと閉めた。

まだ眠い、ちょっと寝てから善後策を考えよう。
さっきのが効いて死んでくれるかもしれん。
ヨロヨロと寝室まで戻りベッドに倒れこんだものの、
もちろん眠れるわけがない。

そのまま1時間以上どよ〜んと寝転がっていたが
仕方なく起き上がりしかし○○の死体を見る勇気も無く、
先にご飯を食べてしまおうと仕度をした。

ノロノロと食べるももちろん頭の中はどうしよう、のみ。
砂をかむような食事だ。今、家の中には○○がいるのである。
なんとかせんとこの暑いのに風呂にも入れん。

しかし食べ終わっても風呂場を覗く勇気は出ず、
LINEなどして気を紛らわすもどうしようもなく、
ついに風呂場のドアをゆっくりと開けたのだ。

少しずつ隙間を開けていったが姿がない、、
天井で待ちかまえているのでは、、と上を見るも居ない。
椅子の下かシャンプーの横か風呂スリッパの中か、、、
ところがどこにも居ないのだ!ガ〜〜〜ン、、、、、、

ショックでまたドアをパタリと閉めしばし呆然。
なんだかもうどうしていいかわからなくなってきたよ。
友人に電話して泣きつくももちろん自分でやるしかない。
猫2匹はとっくに雲隠れだ。

ユニットバスの浴槽の横1cmほどの隙間に入ったか、
最悪の場合、空気口の中に入ってたりしたら、
いつまた出てくるか、入浴中に上からポトリなんて、、、、
なんせ○○が飛んできて胸にとまる、というトラウマは
決して消える事はない。

とりあえず○○専用殺虫剤を買いに行くしかないので、
ドア一枚隔てて○○のいる洗面台でビクビクと化粧をし、
汗をかきかき駅まで歩いて行った。

いつ飛び出してくるかわからないので、ノズル噴射もへっぴり腰で、
しかし出て来ず、いったいどこに潜んでいるのだろう。

やっと排水口の蓋の下で昇天しているのを見つけた時は
もう一日分の精力を使い果たしていた。

思えば動きの鈍い○○であったが、
それはハナがしばらくいたぶっていたのではないか、
と夜になってから気が付き、
ハナよ、今夜はそばに来ないでおくれ。



posted by えるか at 23:54| 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

WITHスタンプ

WWF(世界自然保護基金)が、
「WITHスタンプ」を企画している。

名字の漢字の一部に絶滅危惧種の動物シルエットが入った
判子を買うと、料金1700円のうち600円が
環境保全活動に寄付されるというもの。

(こちらです「WITHスタンプ」)
自分の名字にどんな動物が入るのか、
試しに見るだけでもできるのでやってみてください。

私は大好きなヒョウが漢字の一部に入っていたので
小躍りして申し込みました。
友人にも教えようと試しに色々入れてみたけど、
「残念ありません」とか違う動物であったりと、
今回めずらしく格好いい字体だったワタクシ。

登録で住所の入れ方がややこしく、何度やっても
エラーになってしまい大変悩ましかったけど、
「住所は小分けに!番地は違う欄に!」がコツです。
ってこんなことで失敗しているのは私だけかもしれんな。

posted by えるか at 21:31| 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

ニフレル

思いたって万博公園にある体験型水族館、
生きているミュージアム(?)『ニフレル』に
炎天下のなか行ってきた。

意外に家から近いのだ。開館当時、
講座の行き先がここだったので行った事はあったけど
ゆっくり出来なかったのが心残りであった。

テレビCMで、
巨大水槽のフチに等身大『コップのフチ子さん』
が期間限定で座っている、と流れたので、

(これは!ニフレル限定の動物版フチ子の!
ガチャガチャがあるに違いない!!)

動物好き限定版好きな私としてはぜひとも行って
ガチャガチャをひいてみたいと思っていたのだ。

夏休みというのに、連日の暑さで待つこともなく、
館内はほどほどの人ごみ。

「〜に触れる」=「ニフレル」
という謳い文句のわりには触れられるのは
手をつついてくる魚くらいで、

動物コーナーにいたっては飼育員が随所で見張っていて、
目の前に来たワオキツネザルをおそるおそる触ろうとした
小さな女の子が触らないように注意されていた。

その子は注意されてショックを受けたようだ。
体験型と銘打った水族館に折角きたというのに傷ついたであろう。

追いかけ回したり立ち入り禁止区域に入ったりしていないのであれば、
少しくらい目を瞑ってやればどうだろう。
病気をうつされる心配があるなら、
「ニフレル」という名前を変えたらどうか。

ガラス張りの屋内にいるホワイトタイガーは、
なんとか動かそうと飼育員が餌をつけたボールを
水の上でしきりに動かしていたが、
トラはとっても大儀そうで見ている人も
「可哀相になあ、、、」と言っていた。

見世物的な感じでこの先、経営は大丈夫なのか
ちょっと心配になった。人はこういう事に敏感だ。
大好きなビーバーがいたけど三段腹になったお腹の
毛繕いが可愛らしさより憐れを誘う。

気分が沈みガチャガチャはもう引かずに帰ろうと
駅に向かう。
が、あまりのアスファルトの熱気にクラクラとし、
なんのために来たのか、、、と引き返し、
一個だけ引いて帰ろう、、、、と400円を投入。

すると出ました!第一希望のホワイトタイガー。
小さくガッツポーズして炎天下を歩く。
気分はかなり上向きに。とりあえず第一希望は達成。




  • 20170721144035965.jpg


画像投稿は難しいですね。いつもボケてるし。
文章はパソコンで、画像投稿はスマホでやってるんですが、
手間のかかることとサイズが合わなくて、、。
うしろ姿が可愛いんですがちゃんと出ません。
時代遅れのワタクシ、、、、。
20170721144444204.jpg

出たわ〜〜。でも分からん、、、、
なぜにこんな場所に文字が、、、
posted by えるか at 14:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

ミーハーは楽し

今年上半期はキャラの立った人が多く現れ、
テレビがなんとも面白かった。

なんといっても籠池理事長。
「普段、国会中継なんか見た事もないけど、
 初めて一生懸命見たわ〜〜」
と回りの人は言っていたし勿論私も同じくである。

ニュースが加計学園に移ってからは、、
「籠池さんのキャラが立ち過ぎてどうでもええわ」
とまあ、ええ加減な私も含む私の周り。

豊田真由子議員の
「このハゲ〜〜っ!!」
はなんと保育園で子どもたちの流行語となったとか。
私はあの人のマユゲの描き方が面白かったです。

「東北でよかった」
で辞任した今村復興大臣。
「出て行きなさい!」
と記者に言った時のネクタイがアニメ柄だった事に
非常な興味を持ちましたが
いまいち取りあげられなかったな。

ところがネットでは騒がれていたらしい。
なんでもエヴァンゲリオン柄だったそうで
あの騒動のおかげで在庫がなくなったとか(ほんまか?)。

ネクタイは被災地支援のために
福島の会社が作ったらしいが、
ロイヤリティ違反らしく係争中である、
とか、このことはネットの受け売りなのでスミマセン、、、
しかし全く似合わないネクタイ柄の意味がわかり、
謎が解けた感じ。

そんな籠池理事長の証人喚問の時は必死で見ていたものの、
都議会選挙の時の安倍首相への
『帰れ』コールの時に籠池理事長が100万円を持って現れた時は
(もうやめてくれ、、、カゴイケさん、、)
と思った関西人は私だけではなかろう。

ところがライター島崎今日子さんが新聞コラムで
「私たち関東人は証人喚問の時は
 『籠池さんて、ほんと金々って嫌〜ね〜
やっぱり関西人はね〜』
 と思っていたがあの秋葉原での登場はよかったわね、
 とおおいに見直したのである」(←記憶のみ)←(スミマセン!)

と書いておられて
関西人と東京人との感覚の差に驚いたのである。
関東に住む関西人の友人も同じように驚いていた。
住むのは東京でも関西人の心は変わらんのだ。

そして帰省中の東京在住の関西人の友人に
「あんた、小池さん見た?」と聞くと、
「い〜や、見てない。
 小池さん私らのところには来てくれんもん」
とまあミーハー丸出しの話で盛り上がるのであった。

安倍首相が「こんな人たちに私たちは負けるわけにはいかない!」
と言ったことに対し
「『あなたたちの事も私たちは考えていますよ』
 と返せばよかったのにね〜」
とインタビューに答えた市井の人がいたが
全くその通りである。

そして最近ではもちろん松居一代さんである。

初めて動画がテレビで流れた時は
丁度出かける時であったが、
あまりの面白さに足を止め、そしてリモコンを探し、
ワイドショウを録画してから出かけたのだった。

松井さん、気持ちはわからんでもない。
誰しもおかしくなってしまう時はある。
私も気が狂った事は一度や二度ではないけれど、
しかしあそこまでやってしまうと、
気まぐれな私たち視聴者の心は離れてしまうのである。

一連の事を私は
自分の事でなくてよかった、、、、、と胸を撫で下ろし
人ごとであったことを有り難く思ったのだった。


posted by えるか at 23:50| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

知りたくない

ところで、出来あがったパンツは
(春に買ったガウチョパンツのゴムがきつくて苦しんだので)
縫いしろを大きめ大きめに縫っていったところ、
クジラも穿けるようなゆるゆるパンツになってしまった。

最近の型紙は縫いしろ込みで裁断するようになっていて、
端から1cm内を縫うことに慣れておらず、
7mm内で縫ってしまったのだ。

久しぶりだったので、裏表、右左を間違えないよう、
細心の注意をもって縫い(縫うは一瞬、ほどくは地獄)
完璧に縫えた!と喜んだのに、
やっぱり腹が出ては何を着てもブサイクだ。

しかも本に書いてあるパンツ丈が私には長く、
なんだなんだ!私って足短いのか、
洋裁を休んでいる間に世間は足長になったのか。
かなりヤケになり最後はジョキジョキ適当に裾を切った。
(切り過ぎた感あり、短気は損気)

腹は出るわ足は短いわ散々ではないか。
やっぱり試着できる既製品を買う方が安い、、とガックリ。
何でも似合った昔を思うと、まさに隔世の感あり。

遊びに来た洋裁経験のある友達に見せると縫い目は褒めてくれたが、
ウエストの太さを見てあきれ果て、
「、、、、ほどいて縫い直したら?」
と言っていた。
嫌だ嫌だ、解くなら新しく縫う方が早い。

次の日、1年振りに体重計に乗ってみた。
「生活習慣病のためにはこまめに体重計に乗りましょう」
と冊子で読み、
体重計に乗る習慣のない私も試みてみたのだ。

なんですと〜〜〜〜っ!!
未だかつてない高体重、、、、妊娠期間を除くと過去最高。

こりゃもう腹が出たとか中年だからと言っている場合ではない。
4キロも増えてる。
2年前、両親のあれやこれやで4キロ減ってそれも驚いたが、
その時から思うと
8キロ増えたことになる。

走れないのは膝が悪く心が拒否しているのかと思っていた。
ストレッチをする気になれないのも、
散歩する気にならないのも、歩き方がぎくしゃくしているのも、
服を買う気にならないのも、
野菜が嫌いなったのも、脂身やご飯が大好きになったのも、
おやつがやめられないのも、寝る前に常に胃がもたれているのも、

全て食べ過ぎで運動不足のせいであった。
中性脂肪やコレステロールの値が高いのも当たり前である。

おかしいな、なんかの間違いでは、、と思っていた自分は
なんて馬鹿だったんだろう。

今まで「毎日体重を計っている」という人が
一向に痩せないことを(計っている意味がないな)
と内心呆れていた事を深く反省。

私も体脂肪や内臓脂肪が出る体重計を買ってこよう。
目の前で見るのが一番の警告であるとよくわかった。

体重だけでなく。
「知りたくない、まさか自分は、、、」
という思い込みで済ましていることのなんと多いことよ。







posted by えるか at 11:03| 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

ミシン糸

ミシンの下糸巻きを失敗して
糸が無くなってしまった事は以前話したけど、
その糸はミシンを買った時、おまけで付いてきた糸であった。

子どものクレヨンでももうちょっと色が多いのでは、と思うほどの
10色だけの赤やピンクや黄色やらの使えそうもない色の糸セットで、
まあオマケなんだから仕方がないが、
こんなんいらんから安くして欲しかった。

今回、麻のパンツを縫うのに、
手持ちの糸に使える物があるであろう、
と目論でいたのであるが、いざ探したら無かった。
がっくりきてそのオマケの使えそうにないセットをみると、
グレーの糸がかなり生地の色に近いではないか!

しかし小躍りしたのもつかの間、
前述通り糸は無くなり、仕方なく糸を買いに行ったのである。

手芸店で手持ちの生地と色がばっちり合う色糸を手に入れ、
ミシンの前に座った私は大変驚いた。

なんとそのオマケの糸の色番と、買ってきた糸の色番が
全く同じだったのである。
ミシンの糸の色って300色くらいあるらしいが、
そこから選んだ色と同じってこんなことあるのか、、、。
オマケよ、侮ってごめん!
  • 20170705212954423.jpg
posted by えるか at 21:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

うるさかった?

その家に私がクルマを横付けすると、
中から判子を持って友人が現れました。

エンジン音が煩くてっきり宅急便だと
思ったそうです。

その人の車はハイブリッド。
そんなに違うのか、、。
posted by えるか at 21:46| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

無い時〜!

「あれっ?バージョンアップしたんですか?」
「、、、? ずっとこれですが、、、」

「551じゃなかったですか?」

「それは蓬莱です」

  • 20170625213714561.jpg

              (関西の人しか分からん話でスミマセン、、)
posted by えるか at 21:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

新しいこと

1年前にミシンを2台新調したことは以前書いた。
経験の全く無いロックミシンの使い方がわからず苦しんだこと、
焦るあまりにウツになりそうだったことも書いた。

なんとか孫の産着は何着か作り、
電子ミシンの方はメリヤス地の袖口を10センチほど縫うために
説明書を読み読みなんとかこなした。

そのまま放りだして3ヵ月。

そう3ヵ月。たった3ヵ月なのだ。
今度は自分の服を作ろうと生地を買ってきたはいいけれど、
遅々として進まず、やっと裁った生地にホコリがたまる始末。

一念発起して昨日からミシンを出してきたけれど、
きれいさっぱり使い方を忘れている。

ロックミシンは縫い方によって針が2本になったり1本になったり、
糸も4本であったり3本であったり、
はたまたニット糸の場合は、、、、と大変ややこしいのである。

針を付け変え、さあ糸通し、となったところで
ミシンはウンともスンとも動いてくれず、
故障というよりはどこか操作を間違えていることは分かる。

しかし説明書を読んでも分からず、
仕方なく買ったところへ電話。
出てきたオッチャンに説明するも要領を得ず、
あげく修理にやってくると言う。

そこまでせんでもどっか押し忘れているだけなのだ、
といっても修理の予約電話が後からかかってくるらしい。
せっかくやる気になったのになんということだ。

結局は操作ミスが分かりことなきを得たのだけれど、
昨日は時間切れ。

今日は心新たにやり始めたけれど、
いやまてよ、ニット地でなくて麻なら針は1本でいいのではないか、、、。

針を替えるためにネジまわしを捜し回り、
長年の憧れであったロックミシンで縁かがりなるものを敢行す。
さすがに綺麗な出来あがりである。

さて次は慣れているはずのミシンである。
糸かけなど目を瞑っていても出来るのだ。
ボタンホールだってオチャノコサイサイなのだ。
しかしこれは長年連れ添った昔のミシンでなく電子ミシンである。

また針の替え方がわからん。
わからんどころか付属ドライバーなるものが
どこにいったのか無い。針すら無い、何処行った!
下糸の掛け方がわからん。
なんとかやったら失敗してゆるゆるだ。
やり直したら、なんと糸が無くなってしまって縫えん。

そんなわけで今日も終わりだ。
片付けようと思ったらコードの戻し方すらわからないのであった。


新しい事が出来ない。ほんとうに出来ない。
これほどとは、、、
ちょっとショックだ。

これが歳を取るということか。
歳を取ると言ってもそれは外見だけで、
中身までがここまで衰えていたとは。

チェロが上手くならん、
始めるのが遅すぎた、と嘆いていたけれど、
もっと出来ないものができた。
チェロは遅いといっても十数年前に始めたから
ミシンよりはマシなのだ。

そう思って練習を始めたのだがそれもまた弾けず、
今日も空しく終わった。

  • 20170624210959430.jpg
posted by えるか at 21:06| 私のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする