2017年07月21日

ニフレル

思いたって万博公園にある体験型水族館、
生きているミュージアム(?)『ニフレル』に
炎天下のなか行ってきた。

意外に家から近いのだ。開館当時、
講座の行き先がここだったので行った事はあったけど
ゆっくり出来なかったのが心残りであった。

テレビCMで、
巨大水槽のフチに等身大『コップのフチ子さん』
が期間限定で座っている、と流れたので、

(これは!ニフレル限定の動物版フチ子の!
ガチャガチャがあるに違いない!!)

動物好き限定版好きな私としてはぜひとも行って
ガチャガチャをひいてみたいと思っていたのだ。

夏休みというのに、連日の暑さで待つこともなく、
館内はほどほどの人ごみ。

「〜に触れる」=「ニフレル」
という謳い文句のわりには触れられるのは
手をつついてくる魚くらいで、

動物コーナーにいたっては飼育員が随所で見張っていて、
目の前に来たワオキツネザルをおそるおそる触ろうとした
小さな女の子が触らないように注意されていた。

その子は注意されてショックを受けたようだ。
体験型と銘打った水族館に折角きたというのに傷ついたであろう。

追いかけ回したり立ち入り禁止区域に入ったりしていないのであれば、
少しくらい目を瞑ってやればどうだろう。
病気をうつされる心配があるなら、
「ニフレル」という名前を変えたらどうか。

ガラス張りの屋内にいるホワイトタイガーは、
なんとか動かそうと飼育員が餌をつけたボールを
水の上でしきりに動かしていたが、
トラはとっても大儀そうで見ている人も
「可哀相になあ、、、」と言っていた。

見世物的な感じでこの先、経営は大丈夫なのか
ちょっと心配になった。人はこういう事に敏感だ。
大好きなビーバーがいたけど三段腹になったお腹の
毛繕いが可愛らしさより憐れを誘う。

気分が沈みガチャガチャはもう引かずに帰ろうと
駅に向かう。
が、あまりのアスファルトの熱気にクラクラとし、
なんのために来たのか、、、と引き返し、
一個だけ引いて帰ろう、、、、と400円を投入。

すると出ました!第一希望のホワイトタイガー。
小さくガッツポーズして炎天下を歩く。
気分はかなり上向きに。とりあえず第一希望は達成。




  • 20170721144035965.jpg


画像投稿は難しいですね。いつもボケてるし。
文章はパソコンで、画像投稿はスマホでやってるんですが、
手間のかかることとサイズが合わなくて、、。
うしろ姿が可愛いんですがちゃんと出ません。
時代遅れのワタクシ、、、、。
20170721144444204.jpg

出たわ〜〜。でも分からん、、、、
なぜにこんな場所に文字が、、、
posted by えるか at 14:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする