2017年07月10日

知りたくない

ところで、出来あがったパンツは
(春に買ったガウチョパンツのゴムがきつくて苦しんだので)
縫いしろを大きめ大きめに縫っていったところ、
クジラも穿けるようなゆるゆるパンツになってしまった。

最近の型紙は縫いしろ込みで裁断するようになっていて、
端から1cm内を縫うことに慣れておらず、
7mm内で縫ってしまったのだ。

久しぶりだったので、裏表、右左を間違えないよう、
細心の注意をもって縫い(縫うは一瞬、ほどくは地獄)
完璧に縫えた!と喜んだのに、
やっぱり腹が出ては何を着てもブサイクだ。

しかも本に書いてあるパンツ丈が私には長く、
なんだなんだ!私って足短いのか、
洋裁を休んでいる間に世間は足長になったのか。
かなりヤケになり最後はジョキジョキ適当に裾を切った。
(切り過ぎた感あり、短気は損気)

腹は出るわ足は短いわ散々ではないか。
やっぱり試着できる既製品を買う方が安い、、とガックリ。
何でも似合った昔を思うと、まさに隔世の感あり。

遊びに来た洋裁経験のある友達に見せると縫い目は褒めてくれたが、
ウエストの太さを見てあきれ果て、
「、、、、ほどいて縫い直したら?」
と言っていた。
嫌だ嫌だ、解くなら新しく縫う方が早い。

次の日、1年振りに体重計に乗ってみた。
「生活習慣病のためにはこまめに体重計に乗りましょう」
と冊子で読み、
体重計に乗る習慣のない私も試みてみたのだ。

なんですと〜〜〜〜っ!!
未だかつてない高体重、、、、妊娠期間を除くと過去最高。

こりゃもう腹が出たとか中年だからと言っている場合ではない。
4キロも増えてる。
2年前、両親のあれやこれやで4キロ減ってそれも驚いたが、
その時から思うと
8キロ増えたことになる。

走れないのは膝が悪く心が拒否しているのかと思っていた。
ストレッチをする気になれないのも、
散歩する気にならないのも、歩き方がぎくしゃくしているのも、
服を買う気にならないのも、
野菜が嫌いなったのも、脂身やご飯が大好きになったのも、
おやつがやめられないのも、寝る前に常に胃がもたれているのも、

全て食べ過ぎで運動不足のせいであった。
中性脂肪やコレステロールの値が高いのも当たり前である。

おかしいな、なんかの間違いでは、、と思っていた自分は
なんて馬鹿だったんだろう。

今まで「毎日体重を計っている」という人が
一向に痩せないことを(計っている意味がないな)
と内心呆れていた事を深く反省。

私も体脂肪や内臓脂肪が出る体重計を買ってこよう。
目の前で見るのが一番の警告であるとよくわかった。

体重だけでなく。
「知りたくない、まさか自分は、、、」
という思い込みで済ましていることのなんと多いことよ。







posted by えるか at 11:03| 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする