2017年05月28日

あひる

『あひる』 今村夏子 著

先日の新聞の片隅にこの作品が
第5回河合隼雄賞を受賞した、とあった。

今村夏子さんが『こちらあみ子』(「あたらしい娘」改題)で、
太宰治文学賞と三島由紀夫賞を受賞されたことは
その内容からしごく納得したけれど、
はて、河合隼雄賞?とちょっと驚いた。

しかし子どもの頃の不安感、理不尽さを表現しているこの作品に
深く共感していたので、
敬愛していた心理学者・河合隼雄さんの賞を受けたことは
意外にちゃんと選んでいるんだ、などとえらそうな事を思った。

この人の作品は社会の片隅と捉えていいであろう
弱者のただ一点の目をもって描かれている。
当の本人は自分の置かれている状況がかなりやばかったり
可哀相であることを全く認識していない。
子どもなんてその最たるものだろう。
子どもは親も境遇も選べない。その中で生きていくしかない。

この人の作品に出てくる人物は自分を人と比べる余裕もない。
読んでいくと、ちょっと危ないんじゃないか、ということが
こちらの過去の澱のような不安をかきたてる。
何か起こる、何か起こる、、、怖い。

ある日、家にやってきたあひる。
あひるを見にくる小学生たちのために父母は
おやつやジュースを用意する。
追いかけ回されだんだん元気を無くしていくあひるは
ある日いなくなる。
ところが親はまたあひるを手にいれて、、、、やがて、、、。

この人の作品は繋がっているところもあって
ぐれてしまう兄ちゃんや離れに住まわされている婆ちゃんも、
ただ主人公の一点だけの目で語られる。

こういう風に書けるんだなあ、と次回作が楽しみな人だ。


posted by えるか at 22:41| 芸術 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする