2017年04月28日

望み

『望み』 雫井脩介 著 角川書店

建築デザイン家の父親と、校正者の妻、
高校一年の息子、と私立受験を控えた中3の娘。
平穏で幸せなであったはずの一家は、
ある日を境に奈落の底に突き落とされる。

怪我でサッカーをやめてしまった息子は、
ある日、顔にあざを作って帰ってくるが、
父親も母親も思春期にはありがちな事と注意を払わなかった。
ところが夏休み明け、息子は2日連続帰って来ず、
そのまま連絡は途絶える。

息子の友人が惨殺死体で発見され、
行方不明の少年が3人。
そのうち犯人と目される少年は2人。
1人は殺害されている可能性が濃厚となる。

息子は犯人側なのか。
もし犯人なら殺人者だが、生きている。
被害者なら犯罪者ではないが、死んでいる。
結果がどちらに転んでも地獄のような日々が待っている。

母親は犯罪者でもいいから生きていて欲しいと願う。
有名私立高校の受験を控えた妹は被害者であることを願う。
殺人者の妹になりたくない。
父親は自分の息子が殺人を犯しているとはどうしても思いたくない。
しかしそれは同時に息子はもう死んでいる、
ということを望むということだ。

家のまわりにはマスコミがつめかけテレビカメラに追い回され、
ネットでも情報はあっという間に拡散し、娘は学校に行けなくなる。

世間からは息子は犯罪者として扱われるようになり、
父親は取引先を失う。
建築家としての人生はひっくり返ってしまった。

やがて真相があきらかに、、、、。

しょせん作りもの、と
このところ小説に食傷気味だったけど、
途中から入り込んで一気に読んだ。

被害者の家族だけでなく、加害者の家族もまた苦しみ何もかも失う。
深い哀しみと苦しみを背負って生きていくことになる。
家族はどうするべきだったのか、どう望むべきだったのか、、、
答えのない問いに衝撃的な結末が訪れる。
そして家族はそれを抱えて生きていくことになる。

他人事でない、普通の人たちに起こりうる事として
世間である読者は問われている。


posted by えるか at 21:32| 芸術 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする