2016年02月29日

無い無い病

年明け早々「無い無い病」に罹った。

「娘がいない、姉妹がいない、夫がいない、仕事してない」
の「無い無い病」である。

自分でも、まともじゃないと思ったけど、
朝、目が覚めると「無い無い」の空気に押し潰されて、
頭の中はそればっかり、もうどうしようもない。

同居や介護をしているのは娘ばかりで息子じゃない。
結婚した娘さんが居る人の娘や孫との濃厚なつき合いと
姑になるしかない自分との落差。
さらには娘を持つ人の嫁ぎ先の親へのバッシング?
に前々から傷ついていたこと。

歳を経ると姉妹はほんとうに有り難いものである、
とよく聞くこと。
一緒に旅行したり親の悪口を言い合ったり、
安心して色々言えるそうだ。ほんとうに羨ましい。

夫に関しては
一蓮托生の人間がもうひとり居るということである。
経済に関してもうひとり同じ目に合う人が傍にいるという安心。
自分ひとりで責任を負うことの心細さ。
世の中の経済の仕組みから
かなり外れてしまっているので考えると辛い。

「仕事してないの!!?」「もったいない!」
とよく言われること。
なぜこんなことしょっちゅう言われなくてはいけないのか、
もったいない、ってそれって私を否定してることよね、、、。
周りは主婦ばかり、という人もいるのに、、。


「娘、姉妹、夫、仕事」
4つとも全部無い人って私だけだ、、、、、
そう思うと辛くて辛くて
無い無いづくしでこの先ずっと生きていかなければならないのか、、
とかなり重症だったのです。

上の4つについて「〜無くて可哀相だ」
と近年よく言われたのだ。
もっとも話の流れなので私がそこに反応してるだけ。
言った人に悪意はない。
でも私は「可哀相に」と言われるのが本当にイヤなのだ。
しかし、それはきっかけにはなったけど
問題はもっと深いところにあった。

ところが思いもよらない人に、
思いもよらない事を言われ、ハッとして
子どもの頃からの事を今回再考してみた。

掘る事はずっと前に止めていたけど
自分の問題がどこにあったのか少しわかったような気がした。
助言ももらいに行きました。
で、無い無い病は治りました。

親しい人がおかしくなって
苦しんでいたら慰めるのでなく言ってあげよう。
「あんた、おかしいよ!」




posted by えるか at 21:55| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする