2017年05月09日

空気清浄機

突然、花粉症を発症したのは20年も前だ。
夜シーツの上に横になった途端、呼吸困難になった。
あれはびっくりした。

夫の勤めていた会社の空気清浄機なるものを早速備え付け、
生き返るようだと言った私に、花粉症のかけらもない夫は
ほんまに効くんやなあ、、、と感動していた。
身を持って効能を証明した出来た嫁であった。

それから果物アレルギーも発症し、
大好きなリンゴがある日突然食べられなくなった。
以来、柑橘類以外、果物は全部ダメ。

好きな食べ物は果物、を自認していた私には受難の日々が始まった。
やがて「一年中、抗ヒスタミン(アレルギー剤)を飲んでるよ」
という人が何人か現れ、以来、私も少量を一年中飲んでいる。

それがいい事なのか悪いことなのかわからないけれど、
確かに花粉症は楽になり、アレルゲンであるカモガヤ(イネ科雑草)
の横を通ってもマスクは要らず、イチゴは「とよなか」は食べられる、
(「あまおう」はダメ)ちょっと口腫れるけど、、。

今回、連休で次男一家が滞在、洗濯ものを油断した。
普段、自分のものは花粉が怖く、外には干さない。
しかし息子たちは花粉症でないゆえ、彼らの洗濯物を
タオルからなにから外に出したのが悪かった。

取りこんだパジャマを着た孫が横にきた途端、
ウッ、、、となった。が、
その時はまだそうとは気が付かなかったのだ、
何年もマシだったから。
彼らが帰ってから、一気にやってきて、、、、。以下省略。

昨日は連休明けで医者が混んでいるのは分かっていたが
我慢できるようなものではなく待合室は一杯で、
受付けはエラそうで感じ悪く3時間待った。

医者も疲れていたのだろう。常連でもない患者の私に
「たいしたことない」
としぶしぶ(そう見えた)抗ヒスタミンをくれた。
いやいや、そんなものは家にある。
症状は風邪に似ており、私は抗生物質が欲しく、
喉にルゴールを塗って欲しかったのだ。

だるい、頭痛い、鼻水とくしゃみが酷く、
喉がものすごく痛いのだ。
風邪かもしれん、とにかく早く治りたい。
しかし不機嫌そうな医者を前にそれをいう気力はなく、
すごすごと家に帰った。

薬局で3時間も待ったのにたしたことないと言われた、というと
気の毒そうに「黄砂アレルギーかもしれませんよ」
と薬剤師さんは言った。
そうだ、忙しすぎてニュースを見ておらず、
黄砂注意報が出ているのを知らなかったのだ。

そういうと
「娘がね、
 お母さん、黄砂注意報が出ているから洗濯物干したらだめよ、
 と言ってくれたから干さなかったの。
 ほら、私ひとり暮らしでしょう?」
と言っている人がいた。

なんだなんだ私もひとりだけど息子は私をこき使うばかりで
そんなこと言ってくれんぞ。が〜〜ん。

そして症状はどんどん酷くなりゆうべは咳で眠れなかった。
夜中の3時に薬箱をひっくりかえし、10年前に処方された咳止めを
見つけ出し、なんとかちょっとだけ寝た。

気付けば、一年中つけっぱなしの空気清浄機は
どうやらランプがついて音はしているけど機能していなかったようだ。
まんの悪い事に加湿器まで壊れた。

今日は朝から茫然としていた。
風邪なのか黄砂なのかもわからん。
とにかく壊れた空気清浄機と加湿器を買いに行きたい。
しかし空気清浄機は重い。
このだるさでとても持てそうにない。

今日は空気清浄機はあきらめて、せめて薬をゲットしたい。
再度あの医者に行って、また薬もらえなかったらどうしよう。
医者替えようか、でもどこにいっていいかもわからない。

午前中をどんよりと過ごし、
結局、また昨日の医者へ行き、
やっと抗生物質、咳止め、去痰剤、痛み止め、を貰えた。
ルゴールは塗ってくれなかった、
最近は塗らんのか?あれ一発で効くのに。

しかし貰った薬はあんまり効かない。
風邪なのか黄砂アレルギーなのかなんかわからんが今夜は眠りたい。
そして、明日こそ空気清浄機を買いに行きたい。


posted by えるか at 21:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする